FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖精大戦争のやる気を削ぐビーム


実際妖精大戦争はどういう風に実装しているのか全く見当がつかなかったので、自分なりに実装してみました。

以下妖精大戦争のビームについての考察
妖精大戦争風のシステムを作る時に一番難解なのはこのやる気を削ぐビームだと思う。
まぁアイスバリアさえあれば妖精大戦争風のゲームは出来るから必要はないんだけど…

やる気を削ぐビームの特徴は障害物で遮ることができる、当たり判定も見たまんま、
恐らく画像は使用されていない半透明描画という事。(その他の詳細は後述)
通常のレーザーは根元が丸くても当たり判定は四角のままだし見た目より小さいことも多い。
レーザーも障害物で遮らせることも可能だけどその場合はレーザー全体に効果が及ぶ。
つまりレーザー1つのオブジェクトの当たり判定及び描画では不可能。

以上の点も踏まえて最初に思い付いた方法が
直線を描画し1つ1つに当たり判定を付けた集合体を作るというとんでもない方法。
この方法なら当たっている線のみ遮らせることが可能だが、自機の当たり判定のみならともかく
アイスバリア全てとの判定だととんでもなく重くなってしまう。
またビームの根本が丸くなっているのでこの方法だとビーム1つ1つの根元の座標計算が大変になる。
当然妖精大戦争もこの方法は絶対に使ってない。

ということで直線の集合体という方法は没になったが下の画像を見て1つ疑問に思った事がある
th022.jpg
ビームとビームが重なっても色は濃くならないという点。
通常半透明描画の場合、重ねて描画すると色が濃くなるのだけれどこれはそうなっていない。
つまりビームのオブジュエクト1つ1つがビームの描画をしていない、もしくはすでに描画されている
部分を描画しない処理が施されているという事。まぁ後者は無いとは思うけど。

以上の点を踏まえて無理やり実装したのが最初の動画。

でもまだ疑問がある
th023.jpg
上の画像は本当にビームが当たっている部分で遮っている。
通常の判定ならビームに接触したオブジェクトの大きさで(当たり判定)で遮られるはず
この画像でいうと赤で囲ったオブジェクトの下全部でビームが遮られててもおかしくは無い
つまり単純な当たり判定の計算だけではないと思う。

あとこれは予想だけど妖精大戦争では二方向からのビームに対応していないと思われる。
正確には二方向からのビームを遮ると片方で出来た影の上をもう片方のビームが正しく上書きするという事に
対応していないんじゃないかという事。実際妖精大戦争ではそういう場面はないから確認できないけど。
(スーパーペルセイドでワンちゃんあるかな?)

以上これが妖精大戦争のビームの個人的な考察でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tirとひっとー

Author:Tirとひっとー
Tir   リーダー
ひっとー サブリーダー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。